転職には、異業界からや同業界内があり、介護業界では現在の介護施設や事業所を辞めて、新しい施設などで働くといった同じ業界内の転職が多いのが特徴です。
少子高齢化が進む昨今において、介護職は非常に需要がある職種です。
介護業界において身につけた知識や技術のスキルはどこでも通用するものなので、自分がやりたい仕事内容やより条件の良い職場を求めて、活発に転職活動が行なわれています。

新しい職場へ転職する際の応募においては、前の職場を辞めた理由は必ず問われる項目のひとつなため、ポシティブな転職理由で、さらに今後のやる気をアピールすることが重要です。
たとえ実際には人間関係や条件などのネガティブな理由だったとしてもそればかり話すのではなく、今までの経験で何を学んだのか、この仕事にどう活かせるのかに重点を置いて伝えると良いでしょう。
そのためには、自分が転職を選んだ理由やこれからどんな仕事をしていきたいのかなどをじっくりと考えることも大切です。
また、短期間のうちに転職を繰り返している場合には、採用側にもどうせすぐに辞めてしまうのではないかという不安を抱かせてしまうので、自分の長所や志望した熱い思いをアピールすることが必要です。
転職理由に関するもの以外にも介護業界ならではの転職のコツはたくさんあるので、転職前にしっかり押さえておきましょう。

介護業界に限らずどんな業界で働いていても、辞めたいと思うことはあります。
そんな時には、一時的な感情を抑えてひと息ついて、その中から学べるものをみつけてみましょう。
現状から逃げ出すような転職はせず、ステップアップに繋がる転職が理想的といえます。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 もっといい職場を目指して. All Rights Reserved