これから転職を考えている方にとって、色々な不安や悩みがあることでしょう。
職務経歴書の書き方もその1つ。
履歴書とは異なり、比較的書式が自由な反面、どのように能力や実績を適切にアピールできているのか、採用者側の採否の際にハッキリ試されるからです。
そこで、職務経歴書に書くべき最低限のポイントやコツについて、しっかり抑えておく必要があります。

まず職務経歴書でよく勘違いしているケースとしては、履歴書では書き切れなかった情報を、職務経歴書の方へ詰め込んでアピールしようとする人。
採用担当者はただでさえ忙しい上、大量の採用者の中から選ばなければなりません。
応募者が一方的にアピールしたいだけの見づらい職務経歴書は、それだけで目を通す気が失せてしまいます。
したがって職務経歴書を書く際には、採用担当者の目線を意識しながら、メリハリのある見やすいものに仕上げることが、まず最初に大切なポイントになります。
その上で、自分が特にアピールしたい部分が、ハッキリと採用担当者へ伝わるように、項目や一覧を作成していきましょう。
例えば、未経験の営業を転職先で志望しているのであれば、取引先との調整や折衝に必要な、コミュニケーション能力の高さをアピールするといいかもしれません。

ここで注意すべきは、前職の仕事内容や専門的な知識を細かく盛り込もうとすること。
先述したように、メリハリのある見やすい職務経歴書を作成することが大切なので、採用の可否に直結するアピールポイントは手厚く、その一方で志望職種とは直接関係のない情報は、簡潔にすることがコツです。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 もっといい職場を目指して. All Rights Reserved