介護職は少子高齢化の影響で多くの人材が求められています。
なので、転職する場合は採用されやすい職種であると言えます。
ただ、介護の仕事は無資格で全ての業務に携える訳ではありません。
まずはどの仕事にどんな資格が必要なのか把握する必要があります。

スタートとしては、介護職員初任者研修になりますが最短一ヵ月という短期間で取得できます。
スクールなどに通って修了試験に合格する必要がありますが、それほど難易度は高くありません。
できれば転職をする前に自分で研修を終えておくと採用される確率も高くなりますが、人材不足に悩んでいる施設などは研修費用を支援してくれるところもあります。
その次に介護福祉士実務者研修や国家資格の介護福祉士などにステップアップしていきます。
介護業界で活躍していく為には、必要不可欠です。

仕事内容は高齢者などの介護ですが、極論を言えば命を預かっている立場でもあります。
高齢者はいつ急病になってもおかしくないので、迅速に発見できなければそれだけ命が危機に瀕します。
更に一回転倒しただけで骨折をして車イス生活になる場合もあり、とにかく慎重に行動しなければいけません。
もちろん怪我をするなどのミスがあれば全て施設側が悪くなり、賠償責任が生じます。

介護職は、少子高齢化が進む限り更に求められる仕事になります。
同時に、働き手の減少も予想されるので一人一人の負担も大きくなる可能性があります。
このような介護職を取り巻く環境も理解して転職を考えなければいけません。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 もっといい職場を目指して. All Rights Reserved