無事転職に成功し、介護職として働くことになったとしても油断してはなりません。
転職したらそこで終わりなのではなく、そこが始まりなのです。
今度は介護職としての成功を目指す必要があります。

そのコツとして「自然体であること」があげられます。
介護の仕事を志す人の中に「かわいそうな利用者を助けよう」というような思いを持っている人がたまにいますが、このような思いを持ち続けていると介護はうまくいかないことが多いです。
利用者が支えてもらいたいのは、利用者自身の当たり前の暮らしです。
例えば、利用者が入浴を手伝ってもらう場合、「身体が不自由で、かわいそうに」と考えながら介護されるのと、明るく自然体で介護されるのでは、断然後者の方がうまくいくことが多いでしょう。
普段の生活の中では、前者のような考え方をされると利用者は心が重くなってくるのです。

介護の仕事をするときは、まず利用者の話に耳を傾けながら仕事をすることが大切です。
だんだん打ちとけてくると、利用者の方から悩みごとを相談されるかもしれません。
その時に、自分としてできることや介護者のチームとしてできることをしていけばよいのです。
このようなことをしていくうちに、「利用者は決してかわいそうな人ではない」ということがわかってくることが多いでしょう。
介護者が利用者から学ぶことはとても多く、利用者から元気をもらっているという介護者は本当にたくさんいます。
最初は気の毒に感じていた利用者の障害も、自然に対応できるようになれば、その人自身の個性としてそのまま受けいれられるようになるはずです。
そうなると利用者にとっても介護者にとっても、介護は楽しいものになるでしょう。
かわいそうという思いは捨て、自然体の介護を心がけることが大切です。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 もっといい職場を目指して. All Rights Reserved